スポンサードリンク

FXデモトレードで身につけたい資金管理能力

FXデモトレードを試しているうちに身につけておいた方が
いいことの1つに、資金管理をする能力があげられます。



FXデモトレードのメリットでもあり、逆にデメリットに
なりえることに、本当のお金を損することがないという
ことです。



そのために、いい加減に取引をしてしまうような癖をつけて
しまう恐れもあるわけです。



しかも、時としてそんないい加減な取引が、うまい結果を
出してしまうこともあるわけです。



というのも、損切りのタイミングを、現実より早目にする
初心者が多いからなのです。



どういうことかというと、現実のFXになれば「もしかすると
好転するかもしれない」という希望を持ってしまうもので、
損切りのタイミングが遅くなるものなのですが、バーチャルFX
では、損するのが分かっているので、早めにロスカットしても
いいだろう、というように、ロスカットの決断が早くなる
傾向があります。



それだけに、実損のないFXデモトレードを利用している間に
こそ、より的確な判断ができるように、資金管理を徹底できる
習慣を身につけることが大切なのです。



このように、証拠金として口座にストックしているお金以上の、
多額の取引が、ためらうことなく簡単にできてしまう、
どんぶり勘定的なFXの取引の仕方では、実際のFX取引では
必ず痛い目に合います。



また、現実の為替変動というものは「いきなり」起こるとは
限りませんし、プロの投資家というのは、様々な情報を収集分析
して、相場を先読みしているものです。



FX初心者はチャートだけを重視してしまう傾向が強いのですが、
プロの投資家になるためには、今、世界で何が起こっているのか
ということを、しっかりと捉え分析する能力が必要不可欠です。
posted by FXデモトレード at 23:49 | バーチャルFXで経験したいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXデモトレードで体験したい「両建て」

FXトレードでは、「両建て」という手法があります。



この「両建て」は、賛否両論がある手法なのですが、
特に初心者うちは、とまどうことも多いので、まずは
バーチャルのFXデモトレードで、体験してみるのが
いいでしょう。



同一通貨で 「買い」 と 「売り」 のポジションを同時に
持つことを、「両建て」といいますが、結局「相殺される
から、同じなんじゃ?」と思ってしまうかもしれませんが、
メリットがあるんです。



仮にあなたが、中・長期で買いポジションを保有していた
としましょう。



そんな中、突然相場が急変してしまい、評価損がでて
しまったとします。



そしてロスカット(顧客を大損から守ろうとする手立て
のひとつで、FX業者が強制的に決済をしてしまう規則)
をする前に、新規の売りポジションを買いポジションと
同額で建てるとします。



この時点で、レートの如何にかかわらず、為替損益はゼロ
になるわけです。そして、レートが元に戻った時点で、
売りポジションだけを決済すれば、相場が急落したとき
以上に、損失が膨らむことを防ぐことができるという
ことです。



ただ、相場というものは一方に偏った動きをし続ける
ケースが多く、いつまでたっても、買値と売値の損失値幅は
変わらないままというようなケースが多いので、両建を外す
タイミングが難しいといわれています。



つまりそうなってしまうと、「レートが元に戻ったら売り
ポジションだけを決済する」というタイミングがなくなって
しまうわけです。
posted by FXデモトレード at 22:54 | Comment(0) | バーチャルFXで経験したいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXデモトレードでチャンスを見極める目を養う

FXデモトレードでは、実際に相場をみながら売買する体験
ができるので、大変意味のあるバーチャルFXなのです。



特にFX初心者ほど、チャンスを逃したくないという気持ちが
強くなりがちで、どうしても目の前のチャンスに乗りたい
という気負いが強くなりすぎます。



その結果、どうしてもたくさんの取引を行ってしまいがち
ですが、勝てる根拠のない取引を、何度も繰り返すという
ことは、逆に言えば勝てる見込みの少ない取引を、何回も
行っているということにもなるわけです。



しかし、実際のFXトレードでは、勝てる見込みもないのに
チャンスを逃さないという気持ちだけで取引を行うという
ことは、とても危険なことです。



大切なことは、いかに勝てる取引なのかを選別して、
ピンポイントで投資をすることができるという、トレーダー
の感覚を持つことなのです。



この勝つための感覚を身につけるためにも、FXデモトレード
を活用することは意味のあることなのです。



特に短期トレードというものは、ハイリスク・ハイリターン
になりがちなのですのですが、短期トレードに挑戦する人ほど、
早く結果が欲しいと考えてしまう傾向があります。



ですから短期トレードは、初心者にはおすすめできないのです。



また、短期トレードに手を出す人ほど、FXデモトレードを使って
の事前学習もしないという傾向にありますが、短期トレードほど、
自分に関係のなさそうなチャンスは見送り、本当に必要なチャンス
だけを選別する目を持つ必要があります。



そのためにもFXデモトレードを上手に利用して、チャンスを
見極める目を養うことが大切なのです。
posted by FXデモトレード at 10:00 | Comment(0) | バーチャルFXで経験したいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXデモトレードで自分の許容範囲を知る

FXデモトレードを体験しておくことのメリットの1つに、
強制ロスカットを経験しておくことがあがられます。

この強制ロスカットという失敗経験を積んでおくことは、
自分自身の許容範囲というものを理解することが
できるでしょう。

一般的にFX取引というものは、投資初心者向けではないとも
言われています。

というのも、FXは手持ちの確実に払えるお金の範囲を超えての
取引が可能であるということからです。

もちろんその分、大きな儲けを出す場合がありますが、
逆に一度それを体験してしまった人ほど、「損切り」を
先に延ばしてしまい失敗するという傾向もあります。

どれくらいの資金を持って、FX取引を行うことができるかは
投資家によって異なります。

また、資金力によっても、当然取引額や通貨ペアの種類、
取引数、投資期間などの投資家自身の許容範囲や、チャレンジ
できる範囲というものは違ってくるわけです。

世の中には、投資情報や投資テクニックなどを解説した書籍
などもたくさん売られていますが、そのとおりやれば絶対に
儲かるという方法はありません。

なぜなら、仮に他の投資家がその方法で成功したとしても、
自分自身がその投資家の置かれていた条件と合致しない点は、
数多くあるはずです。

つまり他の人のマネをして投資するのは、とても危険性が
あることを知っておかなければなりません。

そのためにもFXは知識や経験を積む必要があるわけですが、
FXデモトレードは失敗をしても現実的には損のない
バーチャルFXですので、これを上手に生かしてFX取引を
学んでいきましょう。
posted by FXデモトレード at 21:20 | Comment(1) | バーチャルFXで経験したいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トレーダーのメンタル面

FXデモトレードは、あくまでも「仮想」の世界ですが、
だからこそ実際のFXのような緊張感を持って取り組むことが、
現実のFXで勝てるようになるためのポイントです。

バーチャルの世界でのFXというのは、トレーダーのメンタル面
に与える影響が大きいのも事実です。

たとえばFXデモトレードの中では、損益をいくら出したとしても、
実際に自分のお金がなくなるわけではありません。

このことで安心して初心者のトレーダーが、FXに取り組むことが
できるという反面、あまり真剣ではない精神状態を生み出す
ことにもつながるわけです。

ここで頭に置いといて欲しいのは、現実のFX取引で損をする人
というのは、「判断が遅い」人が多いということです。

たとえば「損をしたくない感情から、早めの損切りができない」
とか「相場が好転するだろうという希望的観測に基づいた取引が
多い」というような傾向や、失敗したことに対する分析が甘く、
同じ失敗を繰り返す傾向もあるようです。

しかし、FXデモトレードで大切なのは「なぜ失敗したのか?」、
そして「今後失敗しないために、どうしたらいいのか?」と
分析しデータとして蓄積することなのです。

なぜなら、失敗体験を積み、その失敗を分析することで、
実際のFXを行った時にその経験が活かされるのですから。

失敗を失敗のままにしてしまっていたら、バーチャルFXを
いくらやったとしても、実際のFXで勝てる人にはなるはずが
ありません。

せっかくのFXデモトレードなのですから、今後のFX取引に
役立つ利用の仕方を心掛けましょう。
posted by FXデモトレード at 20:36 | Comment(1) | バーチャルFXで経験したいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXで注文を出すタイミングとは?

FXので儲けるための基本といえば「安く買って高く売る」
とてもシンプルですが、これは物を売る商売であれば、
どんな商売においても同じことでしょう。

当然「安く仕入れて、高く売る」ことができれば、
お店の利益はあがります。

実はFXデモトレード(バーチャルFX)で身につけたいもの
というのは、このような商売のテクニックそのものなのです。

また、「安く買って高く売る」ための大事なポイントは、
「注文を出すタイミング」です。

FXで最も理想的な「注文を出すタイミング」というのは、
「相場の底で買い、相場の天井で売る」ということに
なりますが、理想はあくまでも理想です。

では、実際はどのようなタイミングで売り買いされている
のかといえば、「相場が上り調子のときに買い、
天井と思えるときに売る」という方法です。

また、「買って売る」というパターンだけでなく、
反対に「売って買う」というような方法でも利益を
得ることはできます。

「売って買う」方法で儲けるというのは、「高く売って、
安く買い戻す」という方法のことです。

この売り買いの仕組みはFX初心者にもわかりやすい方法
なのですが、反面、相場を予想してトレンドに乗る
ということは、とても難しいことなのです。

これはFX初心者だけでなく、プロの投資家でも同じように
非常に大切なポイントで、この「トレンドに乗る」ために
活用されているのが「ローソク足チャート」なのです。
posted by FXデモトレード at 10:00 | Comment(0) | バーチャルFXで経験したいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローソク足チャートとは?その2

FXデモトレードとは、FX初心者が実際に取引を始める前に、
必要な知識やテクニックを学ぶためにとても有効な
バーチャルFXです。

FXデモトレードでは、いろいろなものを試すと良いのですが、
特に使用する道具類に関しては、実際のFXを始めるまでに
「これ!!」という道具を決めることが大切です。

投資家の多くが活用し、成功してきたものに
「ローソク足チャート」がありますが、このローソク足の
基本パターンとして、ヒゲがない陽線を「陽の丸坊主」
と呼び、「買い」のサインととらえます。

これに対して、ヒゲがない陰線を「陰の丸坊主」と呼び、
「売り」のサインととらえます。

このような「チャートの形」を重視した、親しみのこもった
呼び名は、他にもつけられていますが、「カラカサ」や
「たぐり線」というのは、長い下ヒゲを持つローソク足
のことです。

これはどんな意味なのかというと「下降気流だったが、
現在は値段が戻ってきた」という傾向を言っています。

また、「コマ」と呼ばれるローソク足は、相場が迷っている
状態を意味しています。

視覚的に相場の値動きが分かる「ローソク足チャート」は、
このように活用されてきましたが、実際のFXでは、
予想もつかないような値動きが起きることもあるので、
机上の学習だけでなく、FXデモトレードを利用して「経験」
を積んでおくことが大切なのです。
posted by FXデモトレード at 21:34 | Comment(0) | バーチャルFXで経験したいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローソク足チャートとは?

FX取引で勝つためのポイントに、「トレンドに乗る」
ということがあります。

トレーダーは相場が上昇しているのか、下降しているのか
をつかむために「チャート」を活用するのですが、
数十種類もあるチャートの中から一体どれを選べば
良いのか、初心者にとっては簡単なことではありませんね。

そこで、初心者にはたくさんの投資家たちが活用して、
成功を収めている「ローソク足チャート」を利用する
ことをオススメします。

ほかにも、この「ローソク足チャート」に応用を加えた
使いやすくした、いろいろな新しいチャートもできています。

また、株価や為替の値動きをわかりやすく視覚化した
「ローソク足チャート」は、慣れているという面もあります。

ローソク足は、1日の値動きを示すものを「日足」、
1週間であれば「週足」、1ヶ月は「月足」、1年の場合は
「年足」といいます。

しかし、期間の区切り方はさまざまで、「1分足」「5分足」
「15分足」なども使用されています。

ローソク足は、陽線と陰線に大別されているのですが、
陽線というのは、始値より終値が高くて、通常は白か赤
で表示され、上昇傾向にあることを意味しています。

これに対して、陰線というのは、始値より終値が低く、
通常は黒か青で表示され、下降傾向にあることを
意味しています。

また、実態(胴体)部分から出ている線のことを
「ヒゲ」と呼んでいます。
posted by FXデモトレード at 20:11 | Comment(0) | バーチャルFXで経験したいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強制ロスカットとは?

強制ロスカットとは、FXにおいてほとんどの業者が採用
している制度で、利用者の損失が一定限度で抑えられるよう、
一定条件に達した口座について取引業者が強制的に決済し
実現損失を出すというものです。

つまりトレーダーの証拠金維持率がある数値より下回った
場合、利用者に通知することなく、取引業者が強制的に
保有ポジションの決済を行うわけです。

通常、損失がでたときに、あまりにもレバレッジが
大きすぎると、トレーダーが被る被害は大きくなります。

たとえば、トレーダーが手を出せないような週末などの
時期に、突然なんらかの事件により相場が急変することも
あります。

そのような場合には、強制ロスカットで証拠金がなくなって
しまうだけではなく、借金を作ってしまうというような
リスクもあるのです。

もしも、これが本当のお金を使っていて起きたとしたら
どうでしょう?

場合によっては家族や会社にまで、大変な迷惑を掛けてしまう
かもしれません。

そうならないためにも、強制ロスカットをFXデモトレードで
体験しておくことが大切なんです。

証拠金以上の取引が可能なFX取引は、そこが魅力でもある
かわりに、冷静にレバレッジをコントロールしなければ、
とても大きなリスクを負ってしまうのです。

実際に100倍というレバレッジで取引できる外為業者も
存在します。

FXデモトレードで実際に取引を体験してみると、小さな
レバレッジでのもうけは少ないこと、しかし反対に100倍
などの大きなレバレッジでは、強制ロスカットが行われる
ということ理解できるようになるでしょう。

posted by FXデモトレード at 19:56 | Comment(0) | バーチャルFXで経験したいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXデモトレードでリスクを体験する

FXデモトレード(バーチャルFX)は、仮想マネーを利用して、
FX(外貨証拠金取引)を体験できる初心者向けのシステムです。

実際のお金を使わずにFXが体験できるので、あえて大きな
損失を受けるかもしれないような取引を行ってみる、
というような体験もできるわけです。

FXデモトレードを選ぶ時には、のちのち役立つ失敗体験を
しっかり積むためにも、本トレードと同じ条件で利用でき、
利用期間に期限がない会社のデモ版を利用するのが
良いでしょう。

また、使えるFXデモトレード(バーチャルFX)を確保
しておけば、実際にトレードを行うようになった後でも、
とても役に立ちますよ。

またFXデモトレードでは、取引の長短期をどうするかという
ことももちろん重要ですが、トレーダーが失敗しやすいのは、
レバレッジだといわれているので、いろいろなレバレッジで
取引して損益の出方の感覚というものを、しっかりと身に
つけることが大切です。

ハイレバレッジでのトレードは、取引を続けていると、
ほとんどの場合は強制ロスカットにかかる瞬間があるので、
このことも体験しておくと役に立つことの1つです。

FXデモトレード(バーチャルFX)では、このような失敗を
経験することで、ロスカットルールや損益計算などを学ぶ
ことができ、机上の勉強だけではわからない実際のFXで
役立つ感覚を身につけることができるのです。
posted by FXデモトレード at 21:49 | Comment(0) | バーチャルFXで経験したいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。